読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガジェットR

ガジェットが好きだ、大好きだ!

【Razer】Ornata JP 日本語配列を使ってみた!【キーボード】

ガジェットが好きだ、大好きだ!

ガジェットが好きで集めていたら家がガジェットであふれていたので、紹介していこうかなと思いブログを始めました。

いきなりですが皆さん、PCゲームやってますか?
この記事をクリックしたということは、大半の方がやっているのではないかと思います。
僕は昔からPCゲームが好きで、今はオーバーウォッチにハマっています。
ちなみに1番好きなキャラは、、、ソンブラちゃん(*´Д`)

f:id:gadgetr:20170418121212j:plain

PCゲームをやっている方はマウスやキーボードなどにこだわると思いますが、僕はRazer製品を1番気に入っていて使用しています。

そこで第1弾のレビューはRazer(レイザー)のキーボード、「Ornata(オルナータ) JP 日本語配列」です!

新キースイッチのOrnata

f:id:gadgetr:20170418234442j:plain

まずキーボードを買うときにキースイッチの種類を選ぶと思います。
メンブレン、メカニカル、パンタグラフ、静電容量無接点などがあると思いますが、Ornataはメカ・メンブレンというRazerが設計開発した新しいキースイッチになります。
メカ・メンブレンとはRazerいわく

メンブレンのソフトタッチと、メカニカルキーボードの爽快なクリック感を両立させた新しい感覚をもたらす」

ということらしいです。

実際に打ってみるとカチカチカチという程よい打感音と、適度にハードな押し心地でキーボードを叩いているのが楽しくなります。
1回1回キーを押してく感がほしい人にはおすすめです!
ただ、ハードよりな打鍵感なため、連続でキーを叩いたりするゲームには向かないかなと感じました。
ゲーム以外でもキーボードを使用すると思いますが、標準的なキー配置のため違和感なく使えます○


f:id:gadgetr:20170418234612j:plain

キーボードの表面はさらさらしたマッドな仕上がりになっています。
肌触りがよく、滑り止め効果もありそうなので的確にキーを入力できます、たぶんw


f:id:gadgetr:20170418235222j:plain

Ornata1番の特長は付属のパームレストが付属することです。
ふっわふわのもっちもちな肌触り、センターにはロゴ入りでかっこいいです!
キーボードと磁石でくっつくのでゲーム中に動いて気になるようなこともありませんし、不要なら簡単に取り外せます。
上質な仕上がりのためこれだけで商品化しても売れると思います。僕は買います!


f:id:gadgetr:20170419000103j:plain

Ornataにももちろんチルトスタンドが付いております。
ただチルトスタンドを立てると微妙にカタカタして、キーボードを叩いてるとかなり気になります。。
個体差もあるし僕はフラットに使う派なのでよかったですが、立てて使いたい方は購入後に注意したほうがいいかと思います○


f:id:gadgetr:20170418233712j:plain

その他、コードは上部と左右の3方向の溝から出せるので、パソコンがどこにあっても接続させやすくコードが邪魔になることはありませんし、コードはメッシュでやわらかく取り回しがしやすいです。
USB端子が金メッキされているのも細部にまでこだわりがあってうれしいです!


f:id:gadgetr:20170419000155j:plain

ちなみに、日本語配列のキーボードの見分け方は表面のパッケージではわかりません。
日本語配列もパッケージは英語配列のもので、パッケージの横に「日本語キー配列仕様」のシールがあるのが目印になります。

モデル&値段

僕の買ったOrnataには別モデルの「Ornata Chroma(クロマ)」があります。
この2つのモデルの違いはLEDバックライトの光り方と値段です。

Ornata Chroma Ornata
LEDカラー レインボー Razerグリーン
値段 約13500円 約9500円

Razerグリーンとは勝手に言っているRazerのメインカラーのグリーンのことですw
僕はRazerグリーンが好ですし、値段も約4000円くらいお得なのでOrnata1択でした!

いかがでしたでしょうか。
ただのメンブレンキーボードですと500円とかでも買えるのでかなり割高かなと思ってしまいがちですが、メカ・メンブレンは画期的なキーボードです。
僕は試打して衝動買いしてしまうほどOrnata魅力的でした。
迷っているアナタ、ご購入をおすすめしますよ!