ガジェットR

ガジェットが好きだ、大好きだ!

ゲームに映画に音楽に!Razerのスピーカー、Leviathanを使ってみた!

RazerスピーカーLeviathan

アドベントカレンダー「今年のベストバイガジェット Advent Calendar 2018」に参加させていただくことになりました。
ということで、僕が今年のベストバイガジェットに選んだのは、、、
Razerのスピーカー、Leviathan(リヴァイアサンです!
今回はお気に入りのLeviathanをレビューします。
(GeekDays主催の「今年のベストバイガジェット Advent Calendar 2018」に参加しています。)

パワフルスピーカーのLeviathan

Leviathanの箱

Leviathanはサウンドバータイプのスピーカーになります。
センターにRazerロゴがあるシンプルなデザインでかっこいいです!
電源を入れると電源ボタンにあるロゴがRazerグリーンに光ります。

Leviathanとモニタの比較

サイズ感は僕が使用しているBenQの24インチモニタの前に置くと、左右3~4cmくらいのサイズで収まり、ちょうどよいです!

電源は音を出していないと、約10分で電源が自動的にオフになります。
PCは落としてもスピーカーの電源を切り忘れる、という心配がありません!

付属の足は脱着可能で2種類ついていています。

Leviathanの足2種類

説明書画像は英語で書いてあってわかりづらいですが、つけ方によってスピーカーの角度が変えることができます。

Leviathanの角度調整の説明

変えられる角度は0°、15°、18°となります。

Leviathanの下をコードが通っている

真ん中下の溝はキーボードやマウスのコードを通せるようになっておりデスク上の取り回しがしやすく、すっきりして最高です!

Leviathanの操作ボタン

その後ろには各種ボタンがあります。
+-ボタン(ボリューム調整)、ミュートボタン、イコライザーボタン、ドルビーボタン、Bluetoothボタン等があります。

Bluetoothボタンを押してスマホとペアリングすれば、音楽も聴くことができちゃいます!

イコライザーの種類は3種類で、ゲームモード、音楽モード、映画モードがあります。

ドルビーボタンを押すとドルビーオーディオ機能をオンにできます。
ドルビーオーディオとは簡単に言うと、音が豊かでクリアな力強いサウンドになる機能です。
これはお好みやシーンによって使用してください。

余計な機能がついていないのでシンプルでわかりやすく使いやすいです!
僕にはこれで十分です。

ウーファーもRazerロゴに黒色でシンプルに統一されています。

Leviathanサブウーファー

このウーファーによって重低音がドスドス鳴ってくれます。
僕はデスクの下に置いています。

気になる音質ですが、とてもクリアでパワフルです!
僕は主にPCゲームと音楽を聴くために使用しています。

PCゲームは最近バトルフィールドVにはまっています。

Battlefield V

戦争ゲームのため、戦闘機のエンジン音や戦車のキャタピラ音、手榴弾の爆発音、銃撃戦などの爆音がするのですが、ものすごい迫力!!!
本当にその場にいるような感覚になるほどリアルで正直恐怖です。笑
しかし足音や手榴弾が近くに落ちた音などの小さい音もちゃんと鳴るので、ゲームを有利に進めることができます。

映画やライブなどの使用でもパワフルなのできっと満足できるでしょう!
音楽での使用もはっきりクリアに聴こえて文句ありません。

付属品は光デジタルケーブル、アナログケーブル、足2種類、海外のコンセントで使う用の電源に取り付ける変換器、取扱説明書、ステッカー1枚になります。

Leviathan付属品

設定ワンポイント

僕はマンション住まいで3階に住んでいるのですが、デフォルトだとウーファーの低音(振動)が大きすぎると思いました。
低音調整するボタンもなく困っていたのですが、ちゃんと設定がありました!
ドルビーボタン(赤枠)を押しながら、+-ボタン(青枠)を押せば調節できます。

ウーファーのボリューム調整のボタン説明

僕みたいに小さくしたい方は-ボタン、逆にもっと迫力が欲しいという方は+ボタンを押して好みの大きさに調節してください。
これでマンション住まいの方や夜中の使用も安心ですね!

英語ですがマニュアルがありましたので、そちらで他の設定等もみてみてくださいね! Leviathanマニュアル

僕のオーディオ構成

僕のPCのオーディオ構成を紹介します。
オーディオ構成は下記のようになっています。

PC → [USB接続] → ヘッドホンアンプ → [光デジタル接続] → スピーカー(Leviathan)

夜中などは中々スピーカーは使いづらいので(戦争ゲームとかは特にw)、そんなときにヘッドホンを使えるようにヘッドホンアンプを間に入れています。
ちなみにヘッドホンアンプはFOSTEXフォステクス)のHP-A3です。

FOSTEX HP-A3

光デジタル接続なのでスピーカーのボリュームはヘッドホンアンプのボリュームコントローラーからは調節できないので注意が必要です。(ヘッドホンはできます。)
調節はスピーカーの+-ボタンからすることになります。

よければ参考にしてみてくださいね!

まとめ

Leviathanはゲームはもちろん、音楽でも映画でも最適に使用できとても万能です!
使い方は取扱説明書がなくても扱えるくらい簡単です。
コスパも最強だと思うので、是非Leviathanを使ってみてくださいね!

ラインナップ

Razerから出ているスピーカーはいくつか種類があります。

今回紹介したパワフルサウンドのLeviathan。

小型でワイヤレス、持ち運びできるBluetoothスピーカーのLeviathan mini。

セパレートタイプがよければNommo Chroma。

ヘッドホンアンプはFOSTEXのHP-A3。