ガジェットR

ガジェットが好きだ、大好きだ!

冬シーズンの強い味方!アイリスオーヤマの布団乾燥機、カラリエを使ってみた!

布団乾燥機カラリエ

最近急激に気温が下がってきましたね。
寒くてなかなか布団から出られないっという方も多いと思いますが、寝る時冷えきった布団に入るのも同じくらい憂鬱ですよね。。
最悪な時は布団が湿ってたりするときも、、不快極まりないです。。。
そんな悩みを解決すべく、この前のAmazonサイバーマンデーで安くなっていたアイリスオーヤマの布団乾燥機、カラリエを購入しました!
今回はカラリエをレビューします。

コンパクトな布団乾燥機

布団乾燥機カラリエの箱

カラリエは非常にコンパクトで軽いです。
毎日使うものなので軽くて取り回しがしやすいのは嬉しいです!

布団乾燥機カラリエ

ダブルベッドまで対応しています。
運転音は静か、とは言えませんがあまり気になりません。

ノズル部分を伸ばして使用します。
片付ける時は逆U字型に縮ませます。
突起があり引っ掛けられるのでプラプラしません。(赤枠)

操作パネル

操作パネルはボタンが5つしかなく非常にシンプルです。
多機能すぎずわかりやすいのがいいですねーボタンも大きく押しやすいので気に入っています!

コードは中にしまえるので片付けるときスッキリします。

布団乾燥機の使い方

布団乾燥機の使い方は非常に簡単です。
僕が普段使っているダブルベッドを使って説明します。

ダブルベッド

1. 布団乾燥機のノズルを全開まで伸ばしベッドの真ん中にセットする

ノズルを伸ばしたらフラップを忘れずに開いてください。
隙間を作り全体に温風をいきわたらせます。
セットする向きは枕側から足元方向に向かってがよいと思います。
こうすることで足元まで暖まるためです。

布団乾燥機カラリエのノズルを伸ばす

2. 上から掛け布団を被せる

ノズルと持ち手の間に掛け布団がくるようにセットしてください。

布団を被せる

3. 布団自動乾燥モードを選択してスタートする

操作パネル

以上、これだけ。
あとは終わるまで待てば、快適な睡眠空間のできあがりです!

掛け布団がふっかふかで、天気の良い日に1日天日干しした布団みたいです。
しかも下のマットレスも暖かくなっていますから、まるで雲の中で寝てるみたいで最高です!


※イメージこんな感じ。

今回冬モードあたためモードを試してみました。

まず冬モードですが、約65℃の温風で60分間運転します。
布団を乾燥させ隅々まで暖かくなります。
時間は長いですが隅々まで暖かです!

あたためモードですが、約65℃の温風で20分間運転します。
流石に布団の隅々まで、っとはいきませんが寝る空間は十分に暖まります。
素早く暖めて眠りたいっというときにオススメのモードです。

状況に合わせて使い分けることが可能です!

カラリエは布団乾燥以外にも使用できます。

まずは靴の乾燥です。
前日雨で靴が濡れてしまい、次の日まだ乾いてなくて履いて行けない、、なんて経験あると思います。
しかしカラリエは靴の乾燥にも使用できちゃいます!

靴乾燥専用アタッチメント

カラリエには靴を乾燥させる専用のアタッチメントが付いています。

使い方はアタッチメントをふとん乾燥機の先端に取り付けます。
取り付けは爪があるのでわかりやすいです。(赤枠)

靴の乾燥

アタッチメントを取り付けたら靴の内側に差し込んでスタートするだけです!

ただこのアタッチメント、割れている隙間が結構狭いです。。。
僕が履いているスニーカー(アディダスのスタンスミス)で結構ギリギリで、少し力を入れて押し込んでやっと入る感じです。

スタンスミス

入るのでよかったのですが、もう少し広ければなと感じました。

次のオススメの使い方は簡易暖房です。
冬シーズンの脱衣所やキッチンって暖房がないから寒いですよね。。

そんなときにカラリエが使えます!
ノズルを曲げて足元などに当てれば寒さが和らぎます。
コンパクトで簡単に持ち運びできますから、いろんなところで使用できます!

他にも部屋干しした洗濯物の乾燥や、押入れやクローゼットの乾燥なんかにも使用できちゃいます。

付属品は靴乾燥用の専用アタッチメントと取扱説明書になります。

付属品

まとめ

冷え切った布団に入らなくてよくなり本当に快適になりました。
さらにこのふとん乾燥機は靴の乾燥などマルチに使え冬に活躍すること間違いなしです。
これ1台あれば冬シーズンの快適度が全然違うので、是非カラリエを使ってみてくださいね!

ラインナップ

アイリスオーヤマの布団乾燥機にはいくつか種類があります。

今回紹介したカラリエ。
カラーはホワイトとピンクがあります。

タイマー機能付きのカラリエ。

ツインノズルで2組同時に布団乾燥できるカラリエ。